×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

犬の皮膚炎の原因となるノミやダニは、室内外の至る所に存在しています。

犬の皮膚炎の原因となるノミやダニは、自然にわいてくる訳ではなく、外から室内に入ってきたものや、外で散歩の時に付着してしまったものです。
ノミは室内のゴミ、食べカスなども栄養源にするため、屋外だけに存在するものではありません。
また、ダニは山や森、公園や河川敷などの草木が茂る場所で犬に寄生するのを静かに待っています。




人にも犬にも安心な光触媒ミスト

ノミやダニの駆除に
ノミやダニの駆除に!


ノミやダニの予防

 

ノミやダニは、卵、幼虫、さなぎ、成虫というサイクルで成長していきます。

 

このうち、犬に寄生するのは成虫のみです。

 

成虫は、寄生すると2週間~2ヶ月程、体にとどまり、長い時は1年近くとどまる事もあります。

 

その間も卵を産み落とし、室内の絨毯や床の隙間、犬の寝床などで静かに成長していきます。

 

その後、卵が孵化して成虫になると、再び犬の体に飛び移ってしまいます。

 

ノミやダニは、1回の吸血のたびに数個の卵を産み落とし、生涯では2,000個以上もの卵を産み落とすと言われています。

 

そのような驚異的な繁殖力があるため、犬がノミやダニに一度寄生されると、なかなか駆除しにくいのです。

 

また、ノミやダニの卵やさなぎは、殺虫剤に対しても強い耐性を持っていますので、室内で殺虫剤を使用しても、卵やさなぎは駆除されずに成長していきます。

 

そのため、ノミやダニを予防するには、毎日こまめに掃除機をかけ、ノミやダニの栄養源となるハウスダストを溜めないようにする必要があります。

 

ノミやダニは、犬を死に至らしめる恐ろしい病原菌を運びますので、軽く考えていてはいけません。

 

ノミやダニの予防策は、犬の健康のために、安全性や効果をしっかり見極めておこなうようにしましょう。

 

ノミやダニの栄養源となる微細なハウスダストを徹底分解!
人にも犬にも優しい
、安心安全な光触媒ミスト

ノミやダニがいる最も危険なエリアは草むらです。
草むらは、犬にとって好奇心をくすぐられる楽しい場所ですが、ノミやダニに寄生されてしまう可能性がとても高い場所だと認識しておきましょう。