×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

犬の皮膚炎の原因となるノミやダニは、室内外の至る所に存在しています。

犬の皮膚炎の原因となるノミやダニは、自然にわいてくる訳ではなく、外から室内に入ってきたものや、外で散歩の時に付着してしまったものです。
ノミは室内のゴミ、食べカスなども栄養源にするため、屋外だけに存在するものではありません。
また、ダニは山や森、公園や河川敷などの草木が茂る場所で犬に寄生するのを静かに待っています。




人にも犬にも安心な光触媒ミスト

ノミやダニの駆除に
ノミやダニの駆除に!


ノミやダニの病気

 

ノミやダニは犬の体に寄生する害虫の中では、最も症例が多く代表的な外部寄生虫です。

 

ノミやダニが犬の体に寄生すると、激しい痒みを引き起こすため、犬は痒い部分を何度も噛んだり引っ掻いたりする事で、皮膚がただれたり、炎症を起こすようになります。

 

また、ノミの唾液に含まれる物質に対してアレルギーを起こす事もあり、背中から腰、尻尾の付け根にかけて赤い発疹や脱毛が起こる場合もあります。

 

大量にノミやダニに寄生されると、大量の血を吸われる事で貧血を起こす事もあります。

 

他にも、内部寄生虫などの病気や、恐ろしい伝染病を媒介する事もあります。

 

マダニはバベジアという寄生虫(原虫)を媒介しますが、バベジア症候群は、犬の赤血球を破壊して、命を落とす危険もあります。

 

抵抗力の低い子犬や高齢犬は、皮膚のかさぶたや出血した部分から細菌感染を起こす膿皮症や脂漏性皮膚炎などから、全身の皮膚に化膿や出血が起こり、最悪の場合は命を落とす事もあります。

 

ノミやダニの駆除は軽く考えず、しっかりと駆除、予防策をおこなう必要があるのです。

 

ノミやダニの栄養源となる微細なハウスダストを徹底分解!
人にも犬にも優しい
、安心安全な光触媒ミスト

ノミやダニがいる最も危険なエリアは草むらです。
草むらは、犬にとって好奇心をくすぐられる楽しい場所ですが、ノミやダニに寄生されてしまう可能性がとても高い場所だと認識しておきましょう。